Xazsa【抓马翻译】

Xazsa ~ Your Own Personal Number





Cast:

Xazsa 石田 彰

早水京平 关俊 彦

Cigma 结城比吕

早水真砂 草尾 毅

Zehro 一条和矢



歌:新居昭乃




简介:若木未生原作的小说,据说有这个的漫画,偶没看过,所以对这个drama也是一知半解的。Xazsa是天才少女优亚做出来的机器人,他想和他的主人一样成为人类。不知道出于什么原因,Xazsa被早水京平捡了去,和他一起生活。同为机器人的Cigma奉Zehro的命令绑架了早水京平(*因为只是绑架太无趣而用了炸弹,觉得这样才够华丽。Cigma你的思考方式也太特别了点吧?),结果Cigma却和早水京平回来,与Xazsa、早水真砂(早水京平亡妻的弟弟)一起,4个人过着幸福愉快的生活……(汗。。。可能吗?)



qiaoseikou:在这部作品里,小石的台词少得可怜,偶觉得挺可惜的。而表现最突出的是结城比吕さん饰的Cigma,在全剧最高潮时,与新居昭乃的歌声完美的融合在一起,偶听着他的呐喊心都被揪疼了。而草尾毅さん在最后一轨中表现得非常可爱,喜欢他的亲们一定不要错过。至于关さん,那还用说吗?完美啦完美,在drama里可以听到关さん撒娇的声音,真的很不错。新居昭乃的歌声一直是偶推崇的,能欣赏声优们出色演出的同时听到新居的歌,真是很幸福。(因为没有歌词,所以歌曲部分就没有听写和翻译了。)






Track01 The Number of Yours(*清音乐)



Track02 Blind Rain / 歌:安田尊行


Zehro:貴方が一つ質問があるんです。本当に貴方はXazsaが人間になると信じているんですか?

京平:あいつはもう特に人間だと 俺は思ってるよ。

Zehro:血液を流れない、心臓のないbody。

京平:心臓が無いても、中身空っぽって奴をずっと増しさ。

Zehro:そうでしょう。その理屈では、心臓があって、更に中身も充実した人間アイドル。Xazsaは決して敵わないと言うことになりませんか?私はXazsaと違います。製作された同種、このbodyと技能まんごいたいと言いません。ですから、Xazsaの代弁者になるつもりもありません。な、もしも貴方が今の時点でXazsaの喧嘩、このまま手を引くつもりなら、私としてはそれを不責任である。それでは、何のためにXazsaは貴方のもとに預けているの?どうして、Xazsaが貴方のほうを選んだ?なぜお嬢様がXazsaを連れ戻させること。そのすべて、見に終ってします。




京平:もしかすると、俺がどうか可笑しいのかもしれない。頭の部品の一つか二つ壊れているかもしれない。なにもかも、分からなくなっているかもしれない。何か大切で、誰

に心配を掛けているのか?何をしたくて、誰と一緒にいるのか?自分が何処にいるのか?今日は何日で、今は何時なのか?俺は何なのか?俺は誰なのか?俺は今でも人間なのか?


Xazsa:貴方が好きです。だから?僕は優亜と同じ人間になろうと思って。






Track03 Silver Stream / 歌:新居昭乃


京平:何でそいつを殺したいんだ、Cigma?

Cigma:いらないから。

京平:お前がいらなくても、俺はいるんだよ。

Cigma:へんなの。


真砂;例えばさ、どう考えても弟じゃない奴が、弟になりたいって、野望を抱いて、闇雲にチャレンジ(*challenge 挑战)したら。やっぱ、アオレップウだ。


歌:

遠くても、近くても、聞こえてるよ

本当のこと何も 言わないけど

silent scream 君が見てる景色

silent dream 流れ込むよ胸に

いつか見た夢みたいこうしてると

氷見透ける 横顔がとても綺麗

silent dream 羽のように降れた

silent scream 指と指がいたい

生まれた手の中が光と勇気合う

痛くても 手を繋いでいいんー





Cigma:お前のせいで、計画が狂った。


Xazsa :無理だと思いますか?本当は、僕は恐いです。でも、せめて、試したい。教えられるんじゃなくて、僕は僕自身で試したい。無理でも幻想で。


Cigma:じゃ、お前は知っているのか?お前は知ってるのか?誰が何のために、お前の役目を決めたのか知ってるのか?

京平:知ってる。俺は知ってたよ。役目を決められたと思い時俺が俺を吹かしたこと。つまり、犯人は俺だ。ほかの誰のせいでもない。分かるか?

Cigma:難しくて、分かんない。

京平:だからお前の吹かすのはお前なんだよ。計画通りに向かされてると思うから、命令されてると思うから。お前に自分はどうかに言わせるんだ?そんなもの捨てちまえ。なら、お前がどうしたいのが俺に言ってみろう。今ここで。

Cigma:いらない。

京平:え?

Cigma:あいつはいらない。今 俺がどうしたいのか言えって言ったじゃないか?あいつ嫌いだ。だから、あいつを殺したい。なのに、お前があいつを追い出してするかよ。ある気、誰もあいつのこと見てない。どこにも知らない。それじゃん、困るんだ。

京平:真剣に、この間と同じことを思っているんだ。お前がいらなくだって俺がいるんだよ、あいつが。

Cigma:ですが、お前が捨てた くせに。

京平:誰か?あいつがどこにいるんだ?俺をどう思っているんだ?俺の気持ちが変わる理由にはならないんだろか?


Cigma:お前勝手だ。皆勝手だ。皆嫌いだ。あいつだけずるい。あいつだけ勝手だ。お前もあいつが好きだんだ。だが、だから、きらいだ。俺が殺してやるんだ。





京平:行き場がないだったら、暫く俺と一緒にいないか?どうせ、俺もいそうろさんなんだ。一人くらいおまけを増えても、今更変わらないでしょう?

Cigma:お前、お前は。

京平:どうする心は?それどもお前さんは俺のこと嫌いか?

Cigma:お前って、やっぱり変だ。負けるのはいやだけど、俺は今だけ負けてもいい。お前すごく変だ。




Xazsa :大丈夫ですよ。京平さん マシノイドには人間を殺すことはできないんです。もちろん、人間だって人間を殺すことはできませんよ。そうでしょう?





京平:会いたかった、寂しかった。とうとう。ずっとここにいればいい。俺のところへいればいい。もう二度と一人にはしないから。



Tarck04 銀の少年 / 歌:新居昭乃


Cigma:何か変だよ。

京平:どこか変だって?

Cigma:何の憎い雑?人間がたくさん集まって、大きい音出して、それだけだ。

京平:役に立たないんたら変だ。何で理屈はないと思うぞ。

Cigma:役に立たなくていいのか?

京平:それは……

Cigma:じゃ、どしてみんなあの音を聞きにいくんだ?

京平:好きだからだよ。あいつらも音なり、変なくなりさ。 実際に一回でも、セクションのポーズと見れば、客が喜んでることは分かるさ、お前さんに。

Cigma:喜んでる客なら見た?

京平:そう言えば、お前、あの時のチケットってどうやって手に入れた?

Cigma:ZehroがXazsa のチケット参考にしてコンピューターに作ったらしい。このピアス通信ピニュ音。だから、画面に応じて何をすればいいから。 俺を通して、Zehroが教えてくれることになる。

京平:ちょっと待って、あいつってば、俺達を爆弾で……

Cigma:それは違う。Zehroには、Xazsaは敵として**ようになった。Xazsaにプレー者をかけられれば、方法は何でもよかった。だから、Xazsa の目の前にお前を誘拐する。

京平:プレー者?それは何だって爆弾になるんだ?

Cigma:Zehroは一々煩いし。難しいことばかり。誘拐なんて……だけ面白くなった。派手にしてみようか。

京平:お前な!

Cigma:だって、あれは俺がやったんじゃないぞ。怪我をさせたのは爆弾だ、俺じゃない。

京平:仕掛けたのは手前だろうか?そういう話すが駄目。

Cigma:駄目?

京平:そう。お前が仕方以上、

お前が責任を持たればならん。

Cigma:じゃ、悪いのは俺じゃない、俺にそれをさせたZehroじゃないのか?

京平:爆弾と違って、お前にはちゃんとものを考え頭があるだろう。



Track05 天使たちの行進 / 歌:新居昭乃



Track06 Alone In The Light / 歌:松泽由实





Xazsa :空の色が地上の上がりだけで変わっちゃってますね。

京平:なんだって、宇宙空間から見えるだぜ。

Xazsa :宇宙人もびっくりですよね?

京平:夜景がにぎやかな町なら、珍しくないだろうけど。東京の何か一癖あるから。

Xazsa :そうですね。滋味じゃないのに、そんなに元気でもないのし。静かだし、でも疲れてる感じでもないし。

京平:世界中一番いい所だなんて、口が裂けても言えないんだけど、俺には似合ってるんだ。

Xazsa :僕も好きです。僕は生まれた時から東京しか知らないし。

京平:うそつけ。お前 横浜の中華街連れてってやっただろうか?

Xazsa :え?それ違いますよ。僕じゃないですよ。僕も行きたかったのに、京平さんと真砂君の二人だけ行っちゃったんでしょう?

京平:そうか?そういあ、愁眉(しゅうび)で待ち合わせたのに、お前は来なかったじゃないか?

Xazsa :待ち合わせの場所を間違いのは京平さんですよ。

京平:いや、俺は絶対ハチコの前に言ったぞ。

Xazsa :え?109って言ったでしょう?絶対!あの時、京平さん胸を叩いて次は横浜ツワに連れてってやるって約束しましたよね?

京平:そうだっけ?

Xazsa :約束しましたよね?僕とても楽しみしてたんですけど。

京平:いつでも行けるさ。横浜なんて目と鼻の先だし。

Xazsa :一緒に行けますよね。





歌:

海へ続く坂道に夜明けのため生きた

降り注ぐ胸に染みてゆく光

閉ざしていた思い時はなずすうしに

吹く風が故事前と誘う水をさんなる入って。

和歌を悲喜があって、紡いでゆく

波と風のように

素直な所指会うまま側にいたい

あっ、We are alone we are light。

…………




Track07 Scene Sampling on Rainy Day





京平:あ、そのロンドンだけどさ。一緒に行こうね?ロンドン、みんなで。

真砂:え?お前?いきなり、何?

京平:だって、俺真砂作った飯じゃないと食えないし。見なら嫌だし。先性で病弱だし。

真砂:あのな、俺、俺受験生だぞ言っとくけど。

京平:それだったら平気。俺の契約期間限定談。七月なのか、弟の誕生日だから。何としてもその日まで日本に返しなさい

と、そういう条件で。

真砂:七月?期末、期末試験が?

京平:あっ、そうしたら、Xazsaだけおいで行こうか?出かけた受験でも何でも。

Xazsa:京平さん、本人がいないところで、悪巧(わるだく)み してないでください。

京平:だって、真砂は俺の飯を作らんと言う。

真砂:そうは言ってないだろう、別に。だから、あっ、畜生、行けばいいんだろう、行けば。俺の成績避下がったら、京平が責任取れよ、しっかり。

京平:はい、はい。責任とって一生面倒見させていただきます。

真砂:よし、言ったからには忘れなよ。





Cigma:京平!粥作り方教えるよ。

真砂:粥だったら、Xazsaが得意だったよな、確か。

京平:そう言うやそうだったよね?鋭いぞ、真砂。

Cigma:うん。

Xazsa:分かりました。僕が教えます。Cigma、それは鍋じゃなくて、薬缶だよ。

Cigma:え?ちゃんと食え料理教えろうよ。京平が食うんだぞ。京平に食わせるんだからな?





真砂:京平に辛抱がないので、やっぱり環境が原因だよな。

京平:さっね。



---------------------------------------------------------------------------------------



翻译:




track02




Zehro:我有一个问题想问你。你真的相信Xazsa可以变成人类吗?

京平:我认为他已经是一个人了。

Zehro:没有流动的血液、没有心脏的身体?

京平:即使没有心,空着一副躯壳的家伙也大有人在。

Zehro:是吗?就这种理论来说,你不认为Xazsa是绝对无法敌过躯体内充实着心脏的人类偶像吗?我和Xazsa不同。虽然属于同型制作,这副身体和技能却不同。所以说,我并没有打算成为Xazsa的替代品。你打算此时就这样放任Xazsa的无理取闹吗?对于我来说,那可是不负责任的哦。那么,为什么Xazsa会寄住在你那里?为什么Xazsa会选择你呢?又为什么小姐要领回Xazsa呢?这全部,会有个明了。




京平:也许,我有点奇怪吧。脑袋里的一、两个零件坏了也说不定。任何事,都好像变得不明白了。什么是重要的,我又在担心着谁?想做什么,或者想和谁在一起?我在哪里?今天是几号、现在又是几点?我是什么?我是谁?我现在、是人类吗?


Xazsa:我喜欢你!所以,我想和优亚一样变成人类。



track03


京平:为什么要杀他,Cigma?

Cigma:因为他的存在对我来说没必要了。

京平:你不需要他,可是我需要!

Cigma:怪人。




真砂:比如,有人想要成为你的弟弟,怀着野心莽撞挑战的话,果然还是痴人说梦吧?(*这里的翻译是偶猜的。偶的理解是アオ

レップウ=アオ(青)+レップウ(烈風),但连起来是偶也不知道什么意思。)




歌:略




Cigma:都怪你,计划泡汤了。





Xazsa:你认为不可能是吗?其实,我自己也感到很不安。但是,至少我要试一试。不是别人来告诉我怎么做,而是我自己亲自来尝试。即使不可能,至少拥有幻想。




Cigma:那么、你知道吗?你知道吗?到底是什么人为了什么原因,决定了你的用处,你知道吗?

京平:知道、我知道的。做决定的人是我自己。也就是说,我才是罪魁祸首。并不是其他任何人的错,你明白吗?

Cigma:你的话好深奥,我不懂。

京平:所以说支配你的人是你自己。你只知道执行计划吗?只知道服从命令吗?你没有自己的想法吗?别管那些!好了,现在就在这里,告诉我你到底想怎么样?

Cigma:不需要了。

京平:嗯?

Cigma:那家伙已经不需要了。你不是要我说我想做什么的吗?我讨厌他,所以要杀了他。而且,你把他赶走了。所以,我想要让任何人都看不到他、不知道他在哪里。不这样的话,我就会感到很困扰。

京平:我也认真的思考过同样的事。你不需要的人,对我来说他却是必需的。

Cigma:但是,你不是丢弃他了吗?

京平:你说谁?他在哪里?他如何看待我的?不能明白我改变心意的理由吗?

Cigma:你太任性了!大家都这么任性!我讨厌大家。只有那家伙那么狡猾,只有那个家伙那么任性!你也爱上那家伙了!所以、我讨厌他!我杀了他!


京平:如果没有可以去的地方的话,你想不想暂时和我在一起?反正我也是光棍儿一条。事到如今多一个人也没有什么大不了。

Cigma:你、你这家伙。

京平:怎么样?或者说“你这个家伙”也讨厌我吗?

Cigma:“家伙”?你果然是个怪人。虽然很讨厌累赘,但是只有现在、做个累赘也无所谓了。你这家伙好奇怪啊。




Xazsa:不要紧的,京平さん。机器人是无法杀害人类的。当然,人类也不可以杀害人类的。您说是吧?





京平:好想你……好寂寞……终于……一直在这里就好、呆在我的身边就好。我绝不会再让你一个人了。



track04


Cigma:不知为什么好奇怪哦。

京平:哪里奇怪了?

Cigma:好多人聚在一起,发出很大的声音。只是那样啦。

京平:没有用就感到奇怪,我觉得这没什么道理。

Cigma:没用也可以吗?

京平:那个……

Cigma:那么,为什么大家要去听呢?

京平:因为他们喜欢这样。那些家伙们随着音乐,其实只要摆出一次性感一点的姿势,客人就会很高兴。小子,懂了吗?

Cigma:高兴的客人?

京平

:说起来。你那时的票是哪儿来的?

Cigma:好像是Zehro参考了Xazsa的票用电脑做出来的。……所以,只要对应着画面,什么都可以做出来。Zehro就是这样教给我的。

京平:等一下,那家伙想把我们都炸死吗?

Cigma:不是的。对Zehro来说,Xazsa是敌人。只要抓住Xazsa的使用者,无论用什么方法都可以。所以,在Xazsa的面前绑架了你。

京平:使用者?那又为什么?怎么会成了炸弹攻击?

Cigma:Zehro总是罗罗嗦嗦的,净说些深奥的。只是绑架的话太无趣,所以弄得华丽了点。

京平:你这混蛋!

Cigma:那个、那可不是我的错哦。让你受伤的是炸弹,不是我啦。

京平:执行者是你吧?你这么说可不行。

Cigma:不行?

京平:是啊。既然是你的所作所为,你就不能不付起责任来。

Cigma:那么、犯错的不是我,而是让我做那些事的Zehro不是吗?

京平:和炸弹不同,你不是有脑子可以思考吗?



track06




Xazsa:天空的颜色只在地球上变幻着颜色呢。

京平:什么啊,从宇宙空间也可以看到哦。

Xazsa:宇宙人也会吓一跳的吧?

京平:如果只是热闹的城市夜景,并不稀奇。这是东京的一个特色罢了。

Xazsa:是啊。不那么朴素、也不那么兴奋。很安静却不感觉到疲劳。

京平:虽然撕裂我的嘴也不会说这里是世界上最好的地方。但是,我很中意这里。

Xazsa:我也很喜欢这里。因为我从出世以来就只知道东京而已。

京平:撒谎啦。不是带你去过横滨的唐人街吗?

Xazsa:啊?才没有呢。那不是我。我也很想去的,结果却只有京平さん和真砂君两个人去了,是吧?

京平:是吗?这么说起来,我们愁眉苦脸的等着你,你却没来不是吗?

Xazsa:是京平さん把集合地点搞错的。

京平:我绝对说的是在八户前集合。

Xazsa:什么?你不是说在109集合的吗?绝对。那时、京平さん拍着胸脯说下次要带我去听横滨演唱会的,我们这样约定了不是吗?

京平:好像有这么回事。

Xazsa:我们约定过了不是吗?我还非常期待的说。

京平:什么时候都可以去啦,横滨那么近。

Xazsa:要一起去哟。




歌:略





track07




京平:啊、伦敦啊。一起去吧?伦敦,大家一起哦。

真砂:啊?你说什么?这么突然,为什么?

京平:还不是因为、如果不是真砂做的饭我就吃不下去啦。光看就讨厌啦。先天身体又虚弱啦。

真砂:我说、我、我可是个应考生啊。

京平:那个没问题啦。我已经谈好了契约期限。因为7月是弟弟的生日,所以无论如何那之前一定得回日本,这就是我的条件啦。

真砂:7月?那期末、期末

考试……

京平:啊、那样的话就只带Xazsa去吧?那样无论什么考试还是别的什么都没关系啦吧?

Xazsa:京平さん、我不在的时候请你不要耍花招啦。

京平:可是,都是因为真砂说不给我做饭啦。

真砂:我可没特别的那么说吧?所以、啊、可恶、我去行了吧?我去。如果我的成绩下降的话,京平你可得好好的承担起责任啊。

京平:好、好,我会为你负责一辈子的。

真砂:很好。一言既出、驷马难追。


Cigma:京平!教我粥怎么做吧?

真砂:如果是粥的话,Xazsa确实比较拿手吧?

京平:说起来是这样的哦。真砂好敏锐哦。

Cigma:嗯。

Xazsa:我明白了。我来教啦。Cigma,那个不是锅是壶啦。

Cigma:啊?要好好教我做能吃的料理哦。京平要吃的哦!这个是给京平吃的哦?




真砂:京平这么没耐性,果然还是环境造成的吧?

京平:谁知道呢?

相关推荐
相关主题
热门推荐