松尾芭蕉の俳句

松尾芭蕉の俳句

行く春や鸟啼き鱼の目はなみだ

春雨や二叶に萌ゆる茄子种

春风に吹き出し笑う花もがな

猫の恋やむとき闺の胧月

夏近しその口たばへ花の风

ほろほろと山吹散るか滝の音

夏草や兵どもが梦の迹

五月雨を集めて早し最上川

六月や峰に云置く岚山

水无月や鲷はあれども塩鲸

ほととぎす鸣く鸣く飞ぶぞ忙はし闲かさや岩にしみ入る蝉の声

おもしろうてやがて悲しき鹈舟かな秋风の吹けども青し栗の毬

物いへば唇寒し秋の风

あかあかと日はつれなくも秋の风秋深き隣は何をする人ぞ

枯枝にからすのとまりけり秋の暮この道や行く人なしに秋の暮れ

荒海や佐渡に横たふ天の川

名月や池をめぐりて夜もすがら

道のべの木槿は马に食はれけり

菊の香や奈良には古き仏たち

初雪や水仙の叶のたわむまで

初时雨猿も小蓑をほしげなり

箱根こす人もあるらしけさの雪

马をさえながむる雪のあしたかないざ行かん雪见にころぶ所まで

月白き师走は子路が寝覚め哉

ふるさとや脐の绪に泣く年の暮

ねぎ白く洗ひたてたる寒さかな

木枯に岩吹きとがる杉间かな

旅に病んで梦は枯野をかけめぐるいざ子ども走りありかん玉霰

海暮れて鸭の声ほのかに白し

山里は万歳遅し梅の花

绵绵春雨懒洋洋,

故友不来不起床。

相关推荐
相关主题
热门推荐