精编【电子行业】电子情报関连制品市场饱和近中

精编【电子行业】电子情报関连制品市场饱和近中

【电子行业】电子情报関连制品市场饱和近中

xxxx年xx月xx日

xxxxxxxx集团企业有限公司

Please enter your company's name and contentv

電子情報関連製品市場が飽和に近づく中、IT産業も微利益時代に突入している。そのような中で、1980年代まではクルマの総コストの1%以下を占めるにすぎなかったエレクトロニクスは、現在では約20%を占めるようになり、2015年には40%を占めると予測されている。一方、2015年までに、カー?エレクトロニクス市場は世界全体で2000億ドル(約22兆円、1米ドル=110円換算)に達すると予測されている。また、台湾経済部工業局の計画によると、台湾でもカー?エレクトロニクスの生産額は2006年の560億台湾元より、2010年には1000億台湾元、さらに2015年には3000億台湾元規模まで成長すると見込まれている。

自動車は人の命と直接関わりがあり、耐久性が求められる一方で、高負荷環境の中で、個人差をも考慮するなど、それを取り巻く環境は過酷である。また、エレクトロニクス化が進めば電力供給も逼迫するため、バッテリー電源の問題も生じてくるなど、様々な問題に直面している。したがって、車載用エレクトロニクスは高い技術力が要求される以外に、信頼性?安全性の確保も重要である。一方、台湾のハイテク産業はいくつかの領域で既に世界トップシェアを占めているるものの、カー?エレクトロニクス市場においては、いまだに低付加価値の電子部品しか提供できないという状況にある。したがって、いかに現有のICT資源をより高付加価値の領域にまで昇華させ、自動車市場に参入していくかが当面の最重要課題となっている。

日本の自動車メーカーの年間自動車生産台数は、全世界の生産台数の1/3に匹敵する。このため、もし台湾の情報電子産業大手と日本の自動車メーカーが協力できれば、双方はWin-Winの関係を築くことが大いに期待できる。

今回のセミナーでは、パナソニックオートモーティブシステムズ社、富士通(株)?電子デバイス事業本部、財団法人北九州産業学術推進機構カー?エレクトロニクスセンター、鳥取環境大学?環境情報学部などから日本の専門家をお招きし、台日車載用電子部品業界及び企業の長短所や台日協力へ向けての展望について、台湾のメーカーからお招きした専門家と共にお話いただく。(講演は中国語と日

精编【电子行业】电子情报関连制品市场饱和近中

受付シート※全プログラム参加費無料※

精编【电子行业】电子情报関连制品市场饱和近中

精编【电子行业】电子情报関连制品市场饱和近中

★参加人数の確認作業のため、必ず12月20日(木)12:00までにお申込みください。★注:日本語または中国語でご記入ください。

《台日カーエレクトロニクス産業セミナー》日程

開催日時:2007年12月24日(月)開催場所:中華経済研究院蔣碩傑国際会議庁

精编【电子行业】电子情报関连制品市场饱和近中

精编【电子行业】电子情报関连制品市场饱和近中

注:主催者はプログラム変更の権利を有するものとする。

谢谢阅读!!! 随心编辑,值得下载拥有!专业│专注│精心│卓越

相关推荐
相关主题
热门推荐