日语专八作文

「中国の西双版納の抜水節について」

西双版納は中国の雲单省に位置している景色がいい観光地である。人を魅惑する熱帯森林、植物、自然景観などは、毎年多くの旅人を招いている。環境もそうだが、それよりそこで毎年一回開く祭り「抜水節」がもっと多くの旅人を招いている。「抜水節」の意味は、水を注ぐ祭りだそうだ。だったらこれはいったいなんの祭りだろうか。

西双版納に住んでいるのは、中国の尐数民族だ。もちろん祭りの日になったら、男女たちがきれいな尐数民族の衣装を着て、踊りながら祭りを楽しんでいる。話によると、昔、そこの生活習慣が厳しくて、若い男と女が普通に話すことができなかったそうだ。でも話すこともできなかった若い男と女達が祭りの日になったら、相手に自由に自分の愛情を表すことができるのだそうだ。一年も待って、好きな相手がみつかったら、祭りの日、盆に水を入れ、相手の体に注ぐ。もし相手から同じように水を注いでもらうと、それはお互いに好きですよ、の意味になって、二人がデートをするんだそうだ。そして、結婚までいく。でも、相手に水を注いでも何の反応もなかったら、そこでやめるしかないそうだ。その時は仕方なく他の人に水を注ぐ。ずっと、お互いに好きな人が見つかるまで。

こんな美しい話の伝わる伝統の祭りだからこそ、毎年人気がある。もちろん旅人も参加してもいいそうだ。旅人もその日、自分の好きな人が見つかったら、一生懸命何回も相手に水を注ぐ。それで相手から水を注いでもらったら、また、一つの美しい話ができる。

もし、みんなもチャンスがあったら、ぜひこちらに来て楽しんでね

「日本の自然と生活について」

日本は小さな島国であり、昔から地震の多い国である。このせいで超高層も建てられないし、部屋も木造が多いし、また小さな国であるから部屋も小さくて、外国人からよくうさぎの部屋だと言われる。

でもこんな環境の中で生活しているからこそ、発展しているのじゃないかなとも思える。日本はもともとから資源の尐ない国であって、何でも輸入に依存している。こんな環境で人は次々と自然にうち勝たなければならない。これで外の国より先に現代化社会に進んでいたと思う。私は日本に来てそろそろ二年になって、その間あんまりよくないマンションで暮らし、地震のこわさも感じていたけれど、やはり中国には戻りたくない。

それはここでもう一生懸命闘っている日本人の姿に見慣れ、そうすればこそ生きている価値があると感じたからだ。また住んでいる間、日本人の礼儀正しさ、こまやかな性格も気に入ったのだ。始めの時はうるさくて、それしか思えなかった。バイト先でもいつもこまかいことで言われ、ほんとうにいやだったが、時間が経つにつれて、もう自ら先頭に立ってそうするようになった。朝のラッシュアワーの時も、いくら混んでいてもきちんと並んでいる姿を見ると、やっぱり違う感じがした。

生活の中でただの小さな事であるが、文明社会の印ではないかと私は思う。

相关推荐
相关主题
热门推荐